沖縄県が米軍機による低周波音の物的影響を把握する調査に初めて乗り出すことに、実態調査の必要性を訴えてきた米軍普天間飛行場周辺の住民やオスプレイの被害にさらされる宜野座村や東村の住民は「早く対策を取ってほしい」「健康被害もきちんと調べて」と注文した。 「低周波音で窓や家具、床までガタガタ揺れる」。