米軍普天間飛行場周辺の住民から窓や戸の揺れや振動などの苦情が寄せられている問題で、県環境部は9月にも、オスプレイなど米軍機の低周波音による物的影響を把握する実態調査に初めて乗り出す。