企業の労務管理や人事コンサルティングを行う「堀下社会保険労務士事務所」(堀下和紀代表、従業員25人)=浦添市。2005年に開所後、助成金申請の代行業務を数多く手掛けるなど、事務所は2、3年で急成長した。しかし、長時間労働が常態化。体調を崩すなどして辞めていく従業員が続出した。