【中部】厚生労働省はこのほど、感覚障がいを伴う遺伝性疾患である「沖縄型神経原性筋萎縮症」や筋萎縮性側索硬化症(ALS)など神経難病患者のQOL(生活の質)を向上させるために筋力補助機器を使う工学治療の研究を特別研究に指定し、2017年度の研究費約360万円を交付した。