【東京】政府は15日、江崎鉄磨沖縄担当相の大臣補佐官に元沖縄担当相の島尻安伊子氏を起用する人事を閣議決定した。鶴保庸介前沖縄担当相から2代続けて同担当相を補佐する。子どもの貧困緊急対策の推進を中心に、沖縄振興に関する重要施策を担う。

島尻安伊子氏

 江崎氏は閣議後会見で、再任の理由について「前任の担当相の補佐官を務めていた。沖縄担当相、自民党沖縄振興調査会事務局長などの実績を踏まえ任命した」と答えた。

 島尻氏は2015年の7月に第3次安倍改造内閣に沖縄担当相で入閣した。16年7月の参院選沖縄選挙区で落選し、翌8月沖縄担当相を退任。同月、鶴保氏の大臣補佐官となり、今月3日まで務めていた。

 都内で開かれた島尻氏の会合などに菅義偉官房長官ら政権幹部が駆け付け、島尻氏の支援を呼びかけるなど、国政復帰を求める声がある。