沖縄県警捜査2課や豊見城署などは15日、警察官や金融庁職員などを装って70代女性をだまし、キャッシュカードを盗んで金融機関から現金を引き落としたとして、窃盗容疑で指定暴力団旭琉會三代目富永一家の男(33)=那覇市=ら共犯の男計8人を逮捕したと発表した。うち5人は同様の手口の別事件で逮捕済み。県警は「捜査に支障が出る」として、全員の認否を明らかにしていない。

 男らは6月、豊見城市と宜野湾市の70代女性から合わせて計5枚のキャッシュカードを窃取し、コンビニなどのATMから計9回に分けて、約250万円を引き出した疑い。県警によると、男が指示役を務め、他の容疑者がキャッシュカードを窃取する「受け子」役や現金を引き出す「出し子」役、運転手役を担っていたという。県警は余罪についても捜査している。