厚生労働省が児童扶養手当の「まとめ支給」の見直しを進めている。 ひとり親家庭の「命綱」ともいわれる手当の支給回数を増やすことは、苦しい家計の安定を助ける。さらに踏み込んで毎月支給へと舵(かじ)を切るべきだ。