【東京】菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、名護市辺野古の新基地建設に向けた政府の手続きについて「粛々と進める」としていた表現を改める考えを示した。  5日の翁長雄志知事との初会談で、翁長知事から「上から目線で、県民の心は離れ、怒りは増幅していく」と批判されていた。