2004年に沖縄子育て良品を設立した舩谷(ふなたに)香社長は「子どもとお母さんの笑顔のためカラダとキモチにやさしい商品を届けたい」と、持ち前の情熱と行動力で、今年20周年を迎える企業に成長させました。長女の野添更紗(さらさ)さんも6年前に入社し、さらにパワーアップ。昨年12月27日に母娘念願の「キナリカフェ」をオープンさせました。

 栄養士でカフェ責任者の更紗さんは「全メニュー、卵や小麦、乳製品不使用。気軽に無農薬野菜やビーガン食に触れ、食の大切さと楽しさに気づく場をつくりたい」と快活に話します。ランチのサラダには、自社農園はっぴーファームの自然栽培野菜を使用。お薦めの「はえばる豚ローストポーク(1650円)」は、EM菌で発酵させた飼料を与えた安心・安全な元気豚を、塩こうじと低温調理で柔らかく仕上げた絶品です。

 スタッフやボランティアが床はがしからペンキ、琉球漆喰(しっくい)の壁塗りまで汗とペンキまみれになって作り上げた「愛着と愛嬌(あいきょう)」が詰まった自慢の空間です。子育て良品が今まで大切にしてきた思いを、さらに紡いでいくネクストステージ「キナリカフェ」に期待です。

 【メモ】南風原町字宮平259の101。電話098(995)6042。営業は水~土曜日の午前11時~午後3時。詳細はQRコードから。

(写図説明)塩こうじと低温調理で仕上げた柔らかい豚が絶品の「はえばる豚ローストポーク」

(写図説明)野添更紗さん