沖縄の地価上昇が止まらない。
 
 それは、不動産業関係者に言わせれば「異常な高騰」。中でも特徴的なのは、県外・国外から注目が集まる先島地区(宮古・八重山)、新テーマパーク「ジャングリア」の開業を控える沖縄本島北部地区、地価の上昇感が際立つ那覇市新都心地区・小禄地区だ。
 
 国土交通省が2023年9月に発表した沖縄県内の地価(全用途)は前年比4.9%の上昇で、全国トップ。全国平均(1.0%)に比べると、実に5倍近い急上昇を見せている。しかも10年連続の上昇だ。今、沖縄の不動産市場で何が起こり、2024年はどんな動きが見込まれるのか。
 
 沖縄県不動産鑑定士協会が不動産関連業者268社の協力を得てまとめた「不動産DIレポート」最新版(2023年11月期)をもとに、不動産鑑定士の高平光一さん(ニライカナイ・アセッツ・コンサルティング)、半場吉朗さん(大島不動産鑑定宮古島支社)に深掘り解説してもらった。

 (上)と(中)は、東京や大阪との直行便や、国際線の就航、外国クルーズ船の寄港を武器に観光産業を急成長させ、2023年の地価上昇率が全国市町村のトップだった宮古島市を中心に、先島地区の不動産市場の潮流を読み解く。(デジタル編集部・篠原知恵)

【連載:地価上昇が止まらない沖縄で今何が…】
#上 島がマネーゲームの舞台に?
#中 買えない借りれない、家がない!
#下 バブル突入するか エリア別解説

 宮古島市の不動産関係者「島全体がマネーゲームの舞台になっている感覚です。足元から、これまでの相場感が崩れていくような…」

 半場吉朗さん「これまで島民中心だった宮古島市の不動産市場の参加者が今、日本国内ないしは世界中に広がっています。島の面積は変わらないのに、市場参加者が10年前と比較にならないボリュームに膨らんでいるわけです。島の外から投資マネーが途切れることなく流れてきている。どうしたってゆがみは出てくるでしょう」

大小6つの島からなる宮古島市。人口5万5千人の島に、1カ月で6万人超の観光客が訪れる
大小6つの島からなる宮古島市。人口5万5千人の島に、1カ月で6万人超の観光客が訪れる

 沖縄...