【東京】菅義偉官房長官は6日の会見で、名護市辺野古の新基地建設に向けた政府による工事や手続きの方針で繰り返してきた「粛々と進める」という表現を使わない考えを示した。  翁長雄志知事が5日の初会談で「上から目線で使えば使うほど県民の心は離れ怒りは増幅していく」と批判したことを受けた。