名護市辺野古沖の新基地建設に向けた沖縄防衛局による海上作業は7日午前も継続され、スパット台船などを使ったボーリング調査が続けられた。反対する市民が船4隻、カヌー隊12艇に乗り抗議した。