日本が日露戦争に勝利したころから太平洋戦争前までに策定された米国の対日戦争計画。この中で、沖縄は日本本土攻略の前進基地として位置付けられた。計画によると、第1段階では日本が西太平洋地域で、守りが手薄な米国の前哨基地を攻撃。