夏真っ盛りの太陽が降り注ぐ西原きらきらビーチは、海水浴やバーベキューを楽しむ家族連れでにぎわっていた。ビーチ隣のバーベキュー棟からは食欲をそそる、肉が焼ける香ばしい匂いが漂う。子どもたちは、鉄板を前に大はしゃぎ。小橋川翔大(はると)君(4)=豊見城市=は口いっぱいに肉を頬張りながら「サイコー。