【名護】沖縄防衛局は7日夜、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブの旧第1ゲート前に設けている仮設の蛇腹ゲート内に、新たに高さ約4メートルのフェンスを設置した。防衛局は「歩行者の安全をより確保するため」と説明したが、新基地建設に反対する市民らは「また不意打ち。不当な工事だ」などと反発した。