1935(昭和10)年の沖縄を写した大阪朝日新聞の写真群は、当時の社会状況を探る新たな手がかりになる一方で、同じように戦前を知るための資料が乏しい現状も浮き彫りにしてきた。