【東京】沖縄戦に動員され、犠牲になったひめゆり学徒を描いた朗読劇「ひめゆり」が4〜6日、東京都渋谷区の新国立劇場で上演された。同劇場の演劇研修所11期生らが言葉を駆使して学校の生徒や先生らを演じ、戦争の悲惨さや「命どぅ宝」のメッセージを訴えた。 11期生は、動きを交えながら熱演。