米軍潜水艦に撃沈され、学童や一般疎開者ら1400人以上が死亡した疎開船「対馬丸」の記憶を伝える対馬丸記念館は17日、犠牲者の刻銘板を新しく貼り替えた。 惨状を隠そうとした国の方針で事故後に詳細な調査がされず、対馬丸の乗船者や犠牲者数は現在も確定していない。