宜名真の磯で105センチ、20・85キロのアーラミーバイを釣った宮城慎太郎さん=13日
宜名真の磯で105センチ、20・85キロのアーラミーバイを釣った宮城慎太郎さん=13日
全ての写真を見る 8

闇夜の格闘 宜名真の磯で105センチ、20.85キロのアーラミーバイをゲット!

2024年1月27日 10:50有料
地域

[釣り情報][有釣天]名嘉山博

 13日午後3時、宜名真駐車場下の岩場から、アーラミーバイを狙った宮城慎太郎さん。昨年12月、タックルを新調して大物取りに参戦。直後から同ポイントを数回訪れて、10キロ以下をゲットした。

 今回は、大物の取り込み時に少しでも優位になるように、なるべく海面に近い釣座を確保。持参した冷凍ダツの餌に追加するため、フカセ仕掛けでトカジャーとグルクンを5匹ほど釣り上げた。日没後、友人が合流。闇夜に加え風もない状況に期待を高め、最初にトカジャーの1匹掛けを落とし、水深25メートルの底に潜む本命からの反応を待った。

 午後8時、この日最初のアタリ。竿(さお)に取り付けたセンサーが鳴ると同時にリールのハンドルをまいたが、やりとり直後に針が外れた。今度はシジャーの1匹掛けに切り替えて、魚の反応があった場所に落とし込んだ。3時間が経過したころ、何度も竿先をたたくような力強さを感じる前アタリに気付いた。竿の横で待機して、大きく食い込む様子をうかがっていると、クエ専用竿が弓なりに曲がった瞬間を見逃さず、底から引き剥がすように浮かせて取り込み。105センチ、20・85キロのアーラミーバイを釣り上げた。...

【沖縄の釣りに必携!】沖縄県の釣魚・水産物がほぼすべて分かる南の島のさかな図鑑

■沖縄さかな図鑑 Commercial Fishes and Shellfishes of Okinawa
■下瀬環(しもせ・たまき)著
■オールカラー、734種掲載!
■A5判/207ページ

ご注文はこちらまで

関連ニュース

伊平屋島のヤヘー岩 44.2センチの尾長グレ含む5匹ゲット ロマンあふれる釣り場で釣果

昨年12月、潮止まりに仕掛けを投入するも大物を取り逃がす 年明けに同じポイントで55センチのチンシラーゲット

冬の名護海岸 4時間弱で63.5センチのタマンを含む6匹ゲット