米軍普天間飛行場の返還問題を巡り、トランプ政権下で初めて開かれた外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)では、辺野古移設を推進する方針が再確認されたものの、米側は具体的な協議には踏み込まなかった。