帝国データバンク沖縄支店が7日発表した2014年度の県内企業の倒産件数は前年度から12件増え、79件となり、集計方法を変更した2005年度以降、最多となった。  一方、負債総額は45・8%減の87億6200万円で過去最少。