毎年4、5月は、タイワンキドクガによると思われる毒蛾(どくが)皮膚炎の患者さんが当科外来を訪れます。