那覇市小禄の不動産業者「那覇は投資マネーが行き届き、物件がない状況になりつつある。果たして、沖縄県民は自分たちの土地・建物、財産を守れるのか? 那覇、浦添は投資マネーにのみ込まれてしまうかもしれない」(DIレポート記述から)

 沖縄県不動産鑑定士協会・高平光一さん「沖縄不動産の今を読み解くキーワードは『県外マネー』。観光需要を背景とした県外資本が沖縄各地に大量に流れ、別の新規需要も取り込みながら、住宅地も、商業地も地価を上げ続けている。投資家たちの沖縄への熱い期待が、今期(2023年11月)の地価動向DIに強く反映されています。ただ、140万人規模の島として、かなり気になる地価の上がり方ではあります」


 沖縄の地価上昇が止まらない。
 
 それは、不動産業関係者に言わせれば「異常な高騰」。国土交通省が2023年9月に発表した沖縄県内の地価(全用途)は4.9%の上昇で、全国トップ。全国平均(1.0%)に比べると、実に5倍もの急上昇を見せている。しかも、10年連続の上昇だ。今、沖縄の不動産市場で何が起こり、2024年はどんな動きが見込まれるのか。
 
 沖縄県不動産鑑定士協会が不動産関連業者268社の協力を得てまとめた「沖縄県不動産市場DIレポート」最新版(2023年11月期)をもとにした全3回の深掘り解説、最終回の(下)は沖縄本島エリア。気になる沖縄本島の地価・賃料動向について、県不動産鑑定士協会会長の高平光一さん(ニライカナイ・アセッツ・コンサルティング)にエリア別で詳しく解説してもらう。(デジタル編集部・篠原知恵)

【連載:地価上昇が止まらない沖縄で今何が…】
#上 島がマネーゲームの舞台に?
#中 買えない借りれない、家がない!
#下 バブル突入するか エリア別解説

地価が高騰している那覇新都心。手前の空き地は県内最大手スーパーの「サンエー」が出店を予定している=2023年7月、上空から撮影
地価が高騰している那覇新都心。手前の空き地は県内最大手スーパーの「サンエー」が出店を予定している=2023年7月、上空から撮影

 沖縄の共同住宅(賃貸アパートなど)、店舗・事務所の賃料上昇に歯止めが掛からない...