観光関係35団体でつくる沖縄ツーリズム産業団体協議会(会長・下地芳郎沖縄観光コンベンションビューロー会長)は8日、那覇市内で、県が目指す観光目的税(宿泊税)導入について議論を交わした。