全国一律の介護保険から切り離され、市区町村事業に移行した「要支援者」向けサービスの運営に自治体が苦慮している。 ボランティアなど新たな担い手の確保ができていないためで、担い手不足が、サービス低下を招き、自立支援を後退させないか危惧する。