バルト3国の一つエストニアの最高会議がソ連からの完全独立を宣言した。モスクワのクーデター発生でソ連との独立交渉は不可能と判断、宣言に踏み切った。翌21日にラトビアも独立を宣言。