沖縄県宜野湾市大山の国道58号で1月27日未明、車道に横たわっていた女性(58)がタクシーにひかれて死亡した事故で、沖縄県警は12日、女性を歩道から引きずって車道に放置し車にひかせて殺したとして、建設作業員の男(30)=宜野湾市=を殺人容疑で再逮捕した。男は別の脅迫事件で逮捕されていた。県警は捜査に支障が出るとして認否を明らかにしていない。県警は同日、70人態勢の合同捜査本部を設置した。

 事故発生の直前には通行人から「女性が男に引きずられている」と110番通報があり、県警は事件の可能性も視野に捜査していた。

 逮捕容疑は1月27日午前2時7分ごろ、宜野湾市大山の国道58号で、何らかの理由で動けなくなっている女性を歩道から道路中央付近までひきずって放置し、走ってきたタクシーにひかせ殺した疑い。

 女性の死因はタクシーにひかれたことによる全身打撲・圧迫による全身損壊。

関連記事
 
酩酊した女性だけをタクシーから降ろそうとした男 運転手が一緒に降りるよう説得 その後に・・・
 沖縄県宜野湾市大山の国道58号で、路上にあおむけの状態で横たわっていた女性をタクシーがひいた死亡事故。だが事故前・・・
www.okinawatimes.co.jp

  現場は片側3車線で、男は女性を第2通行帯に移動させた後に立ち去り、まもなく女性はタクシーにひかれたとみられる。女性は直前まで市内の飲食店で男と飲酒していた。酩酊(めいてい)状態にあったとの情報もある。

 県警によると、女性は男とのトラブルを巡り、今年に入り計4回県警に通報していた。交遊関係の意見の相違から男から軽い暴力を振るわれたり、金銭問題でもめたりしていたという。

 県警は女性の意向などを踏まえ、事件化はせず男に口頭で警告するなどして対応していた。女性にも緊急時に通報することや防犯の指導をしていたという。