沖縄とCIA ロバート・ジャクソン回顧録

【沖縄とCIA ロバート・ジャクソン回顧録】(3)子どもの目 楽園の裏に占領の実態

2017年8月31日 18:42

 私たち子どもは、思わぬところで米中央情報局(CIA)技術者たちの高度な技術の「恩恵」を受けることがあった。 補給部隊の人たちは「ハブの丘特急」を作ってくれた。まるで本物のような列車で、私たちを乗せて施設内を回った。7月4日(米独立記念日)の花火は、爆発物専門家が手掛けた。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄とCIA ロバート・ジャクソン回顧録のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS