ボクシングWBC世界バンタム級王者の山中慎介選手(34)が4回2分29秒TKOで敗れ、具志堅用高さん(62)が37年前に打ち立てた13度連続防衛の日本記録に届かなかった▼試合を巡り、セコンドのタオル投入が「早かったのでは」と物議を醸している。