第一交通産業グループの那覇バスと琉球バス交通で働くバスガイド21人が、会社に籍を置きながら女性向け衣料の通信販売を受け付ける那覇市のコールセンターで働いている。団体旅行が減る夏場は同社にとって閑散期。この時期に人手を必要とする業界へ社員を派遣することで、自社の生産性を高める狙いがある。