一審判決を覆し、審理を差し戻した米国での沖縄ジュゴン訴訟の控訴審判決について、沖縄県幹部は「悪い話ではない」と米国内での訴訟の行方に注目する姿勢を示した。防衛省は「影響はないだろうと思っている」と冷静に受け止めた。 県幹部は「住民訴訟であり、県が関わっているわけではない」と一喜一憂しない構え。