【名護】米国での「沖縄ジュゴン訴訟」の控訴審判決を受け、稲嶺進名護市長は22日、「日本では外交、基地問題として玄関前で追い返される状況だが、何が審理の対象か、求められているものが何かということをしっかりと判断してもらった。辺野古(新基地)を止めるための大きな勇気をもらった」と歓迎した。