瑞穂酒造(那覇市、玉那覇美佐子代表)が本部町さくら祭りで咲いていたヒカンザクラや県花のデイゴなどの花から分離した花酵母で泡盛の新商品開発を進めている。同社によると、泡盛酒造所による花酵母の分離は県内で初めてという。玉那覇代表らが13日に沖縄タイムス社を訪れ、成果を報告した。