将棋界最多の29連勝を達成した最年少プロ、藤井聡太四段(15)は22日、朝日杯オープン戦1次予選で大石直嗣六段(27)、竹内雄悟四段(29)を連破し、公式戦通算38勝目(3敗)を挙げた。 次回の対局は24日、タイトル戦の棋王戦本戦でトップ棋士の豊島将之八段(27)と対戦する。