1943年1月、日米の激戦地だったソロモン諸島のガダルカナル島で、与那国島出身の大舛松市陸軍中尉が戦死した。陸軍省は軍最高の名誉である「個人感状」を授与し、大舛大尉(没後特進)は沖縄が生んだ初の「軍神」として称賛の的に。大舛大尉をたたえる顕彰運動が行われ、出身校の県立第一中学校には胸像が建った。