【与那国】高校がない小規模離島で情報通信技術(ICT)を使って通信制高校新設の可能性を探る実証実験が23日、与那国町の与那国中学校で始まった。高校進学のために島を離れざるを得ない「十五の春」解消が目的で、琉球大学が協力。夏休みで帰島した高校生9人が参加し、琉球大との遠隔授業を体験した。

インターネットの中継映像を通じた授業で、先生役を務める元教諭(手前)と与那国島で授業を受ける生徒ら(奥)=23日午後、西原町の琉球大

 内閣府の沖縄離島活性化推進事業を活用した3年間のモデル事業で、本年度の実証実験は25日までの3日間。9月以降に検証委員会を設置し、2019年度までの検証を踏まえ、20年度以降の通信制高校実現の可能性を見いだす。

 開講式は与那国中と内閣府、琉大をモニターでつないで実施。江崎鉄磨沖縄担当相は「遠く離れた場所でも授業を受けたり交流ができ、ICTの活用は欠かせない。国を挙げて離島の教育環境の充実に一層力を尽くしたい」と述べた。

 授業は与那国中と琉大に設置した100インチパネルに双方の映像が映し出され、元高校教諭らが数学、国語、英語の授業を行った。

 進学で今春から親元を離れた浦添高校1年の仲黒島結子さん(16)は「あまり違和感はなく、授業も分かりやすくて楽しかった。島に高校ができればいいな」と期待した。