シュノーケルで潜ると、足が届くかどうかの浅瀬に緑の海草が日差しを受けて照らし出され、幅15センチほどの食み跡が数メートルに渡って続いていた。人けのない夕方から早朝にかけてやってくるジュゴンの息遣いが、聞こえてくるようだった▼名護市の東海岸には、手つかずの自然が残る。