【名護】来年2月の名護市長選に向け、現職の稲嶺進氏(72)が立候補を表明した。決意表明では辺野古新基地阻止への覚悟に加え、「50年先の名護市の未来」との文言で基地建設の見返りとなる再編交付金に頼らない、将来を見据えた市政運営の重要性を強調した。