昨年12月に施行された特定秘密保護法に対し、日本新聞労働組合連合(新聞労連)はこのほど、ブックレット「戦争は秘密から始まる 秘密保護法でこんな記事は読めなくなる」(合同出版)を刊行した。全国の新聞社の記者ら11人が自らの取材やそれぞれの現場を通し、法律の危険性を訴えている。