【与那国】高校がない小規模離島で情報通信技術(ICT)を使って通信制高校新設の可能性を探る実証実験が23日、与那国町の与那国中学校で始まった。高校進学のために島を離れざるを得ない「十五の春」解消が目的で、琉球大学が協力。夏休みで帰島した高校生9人が参加し、琉球大との遠隔授業を体験した。