24日午前6時ごろ、沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブメインゲート前付近の国道329号で、新基地建設に反対する抗議活動に来ていた男女2人が軽自動車とみられる車両にひかれ、救急搬送された。名護署などによると、沖縄市の女性(83)が左すねの骨を折るなど全治数カ月の重傷、大阪府のNPO法人職員の男性(69)も左膝に切り傷を負った。同署はひき逃げ事件として捜査し、同日夕方までに車両を特定。任意で事情を聴いていた運転手の逮捕状を請求した。

ひき逃げ事件現場

 同署によると、国道を名護方面から宜野座方面に向かって走行してきた車が、女性の足をひき、その後、男性をはねた。車は止まらずにそのまま直進、逃走したという。事件直後に女性が110番通報した。

 現場は片側1車線の直線道路で、2人は米軍キャンプ・シュワブメインゲート横の歩道の縁石に座っていたという。車道との境界線を示す白線の内側には、逃走車両のものとみられるタイヤ痕も残っていた。

 同署は周辺の防犯カメラの解析を進めるなどして車両を特定。道交法違反などの容疑で調べを進めている。

 重傷を負った女性は取材に「狙われたと感じ、怖かった」と話し、左膝をけがした男性も「一歩間違えれば命にかかわる大惨事だった」と憤った。