沖縄タイムス+プラス ニュース

宮古島アララガマボーイズがV2 離島甲子園、県勢対決制す

2017年8月25日 08:36

 県内初開催の国土交通大臣杯・第10回全国離島交流中学生野球大会(離島甲子園)最終日は24日、石垣市中央運動公園野球場で決勝を行い、昨年優勝の宮古島アララガマボーイズが開催地の石垣島選抜を1-0で破り、2連覇を果たした。

優勝を決めて、一斉に駆け寄る宮古島アララガマボーイズの選手=石垣市中央運動公園野球場(新垣亮撮影)

 2年連続の県勢対決となった決勝は、宮古島が初回に1死三塁の好機をつくり、内野ゴロの間に先制。投げてはエース花城琉伊が被安打4に抑え、粘る石垣島打線を完封した。

 大会には県勢5チームを含む全国各地の離島から計24チームが出場。「マサカリ投法」で知られる元プロ野球投手の村田兆治さんが提唱し、2008年から全国各地で開催されている。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS