【東京】防衛省と在日米軍が、昨年12月の名護市安部で墜落したMV22オスプレイの事故調査報告書について「機体構造に問題はない」と結論づける方向で最終調整に入ったことが24日、分かった。在日米軍は沖縄タイムスの取材に「今週、防衛省と協議をして、追加の質問を受け付けている」と明らかにした。