沖縄タイムス+プラス ニュース

【解説】首相 対話姿勢を演出 米国の懸念も意識

2015年4月17日 05:10

 安倍晋三首相が訪米前の窮屈な日程の中、翁長雄志知事との会談に踏み切る背景には、「政府は沖縄に冷たい」とみる世論の広がりへの警戒がある。同時に、首相が対話姿勢に転じて「政府の努力」をアピールすることで、辺野古移設に対する国民の理解を広げたいとの狙いもある。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください