軍事情報などが敵に漏れるのを防ぐこと。1937年改定の軍機保護法、41年施行の国防保安法といった秘密保護法制で軍事や政治、経済などあらゆる分野の機密の漏えいや収集などが取り締まられ、最高刑は死刑だった。