来年4月に国民健康保険(国保)の運営主体が市区町村から都道府県に移る制度変更に伴い、県内41市町村のうち10市町村が来年度の保険料が上がると予想していることが26日、共同通信社の調査で分かった。また、県が将来的に市町村の保険料を統一する方向で検討していることも判明した。