翁長雄志知事が25日の記者会見で、名護市辺野古の埋め立て承認撤回を見据えた県民投票について「県民主体で実施する意義は大きい」と発言したことに、行政法に詳しい武田真一郎成蹊大学法科大学院教授は「県民投票で新基地反対の民意を明らかにした上で撤回する以外、法的に埋め立てを止める方法はない」と評価した。