【石川達也通信員】「第15回おきなわ祭り」(共催=沖縄県人会ビラ・カロン支部、沖縄県人会、沖縄文化センター)が19、20の両日、支部会館前の市営サッカー場で開催された。あいにくの雨で厳しい冷え込みの中、2日間で約1万人が沖縄の芸能文化に熱狂した。ヒージャー汁など懐かしの郷土食などを扱う130のブースはにぎわい、総勢2千人を超える出演者による圧巻の演目が来場客を魅了した。

色鮮やか紅型の衣装をまとった琉球舞踊

 開会式で、あいさつした照屋武吉会長は「単に沖縄文化を普及させるだけでなく、伝統や習慣、団結や感謝の精神を次世代に伝承することが最大の目的だ」と期待を込めた。与那嶺キヨシ実行委員長は「沖縄県系人を多く受け入れてくれたこの地域に感謝を表したい」と語った。

 野村アウレリオ・サンパウロ市議が祝辞で「ヒージャー汁は元気のもと」と笑いを誘う場面も。

 舞台では、2日間で約70の演目が行われた。中でも600人を超えるレキオス芸能同好会と琉球国祭り太鼓の演奏や、沖縄小林流空手道協会重礼館の400人余りによる形演武など、圧巻のパフォーマンスでくぎ付けにしていた。

 初参加のアルゼンチン県系3世の外間グースさん(37)は、第20回県連日本祭りでも熱唱した「時空の花」を披露。同国へ移民し、身を粉にして家族を養ってきた祖父への感謝を込めて作曲した曲だ。

 「なんで僕の顔はこの国の人の顔と違うの」とグースさんが祖父に問い掛けるアニメーションから始まる。カーネーション栽培に生涯をささげた祖父への思いと、日本語とスペイン語で歌われる美しい旋律が多くの若者の胸を打った。

 会場では沖縄県留学生研修生OB会「うりずん」による文化スペースも好評を博していた。今回の展示のテーマは「沖縄の女性たち」。当地で活躍する沖縄県系人の女性15人を取材した。2世の新里明副会長(33)は「移民史は、男性の視点から語られることが多いのでは。ブラジルで活躍している女性にも焦点を当てたかった」と説明した。