27日午前10時5分ごろ、那覇空港第2滑走路の埋設工事現場で消波ブロックが崩落し、その上で作業していた潜水士の男性(49)=那覇市=が約3メートルの高さから転落した。豊見城署によると、男性はけがをした疑いがあり、本島南部の病院へ搬送されたが命に別条はないという。