28日午後4時50分ごろ、石垣市真栄里の八重山病院建築工事現場で、作業員の男性(38)が高さ約10メートルの足場から転落し、頸椎(けいつい)を骨折した。石垣市内の病院へ搬送されたが、意識はあり、命に別条はないという。